ガリガリ革命

ガリガリ男子の悩みを分かち合い、解決していくブログ

チーニー「アルフレッド」購入

どうも!なっとらです。

新しい家族が増えました。

f:id:nat_tora:20180708115839j:plain


CHEANEY(チーニー)のALFRED(アルフレッド)を購入

革靴の中でも黒のストレートチップが大好物なので、せっせと集めてコレクションしています。

 

 

CHEANEY(チーニー)とは

f:id:nat_tora:20180708121832j:plain


革靴の聖地であるイギリスのノーサンプトン郊外デスバラーで生まれた1886創業と130年以上の歴史がある伝統的な革靴ブランド

全ての工程を自社工場で行い、1足8週間もの時間をかけて160以上の工程を経て完成するというこだわりをもつ


定番 黒のストレートチップ「ALFRED(アルフレッド)」

f:id:nat_tora:20180708181115j:plain


チーニーの中でも定番とされている黒のストレートチップ「アルフレッド」

『アルフレッド』


形:内羽式ストレートチップ
色:ブラック
素材:カーフレザー
底材:レザーソールorダイナイトソール
ラスト(木型):125
製法:グッドイヤーウェルテッド

f:id:nat_tora:20180708181552j:plain


BRITISHMADE丸の内店で購入

価格は63,720円税込

この日はキャンペーンのため、なんとBRITISHMADEのシューキーパーの特典付!

f:id:nat_tora:20180708184254j:plain


ソールはレザーとダイナイトとあるのですが、仕事でアグレッシブに履きたかったので
ダイナイトにしました。

ダイナイトはグリップが効いて本当に歩きやすいです。

フォーマルなストレートチップですが、ソールがダイナイトというのも独特で好きです。

また、ラスト(木型)125は日本人を含む現代人に合わせた作りになっているようで、ヒールカップが小さく、程よい甲の高さでとてもホールド感が合って履きやすいと感じます。

レースステイのスワンネックステッチがエドワードグリーンの「チェルシー」みたいでかっこいい

サイズ感

私の足のサイズは24.5cmです。

普段はUK6(日本サイズで24.5cm)を選択していますが、
チーニーのアルフレッドのUK5.5(日本サイズ24cm)をフィッティングした時の包み込みようなホールド感に魅力を感じ、普段よりハーフサイズ落とした形で選択しました。

何回か履いたのですが、現状少しキツイです。特に足がむくむ夕方は痛いです。

履けなくて辛いということはありませんので、ここから馴染んでいきフィッティングが向上するのが楽しみです。

理想はUK6とUK5.5の真ん中ぐらいのサイズがあれば良いんですけどね。。。

おわりに

またひとつ、黒のストレートチップコレクションを増やすことができました。

チーニーというとセレクトショップなどでも別注を見かけるので、なんとなく正統派!ではない印象でいたのですが、やっぱり買ってみて良い靴だなと実感しています。

他の英国革靴ブランドと比べても見劣りしない良質な革やデザインでありながらも、値段が安いというコストパフォーマンスの良さも魅力的。

ハーフサイズダウンの挑戦からのフィッティングを楽しみながらガンガン履いていきたいと思います。