ガリガリ革命

ガリガリ男子の悩みを分かち合い、解決していくブログ

チャーチ「ディプロマット」購入と失敗したこと

どうも!なっとらです。

革靴はストレートチップ一筋


でしたが、ついにブローグ系の革靴を購入しちゃいました。



ただ靴を買っただけなのにたくさん「いいね」をしてくれる革靴好きのみなさんのやさしさを感じています。


購入した革靴は、イギリスで産まれた革靴ブランドChurch's(チャーチ)の「ディプロマット」です。


 

 

Church's(チャーチ)とは?

f:id:nat_tora:20190211174959j:plain

チャーチ/Church’sは1873年、靴作りの町として有名なノーサンプトンで創業しました。正統派の英国靴として不動の地位を確立し、欧米のセレブリティや007のボンドも愛用することで知られています。
出典元:BRITISH MADE

http://www.british-made.jp/fs/british/c/churchs

 
イギリスで伝統があって、有名人も履いていて、かっこいい革靴ということです!

 

人気モデル「Diplomat(ディプロマット)」

f:id:nat_tora:20190211175102j:plain


チャーチのなかでも特に代表的なモデルが3つあります。


内羽式ストレートチップの「コンサル」

内羽式セミブローグ「ディプロマット」

内羽式フルブローグ「チェットウィンド」


定番の「コンサル」は以前購入したので、次へのステップということで「ディプロマット」を購入しました。

 

www.nat-tora.com

 
今回購入した「ディプロマット」はセミブローグという形で、ビジネスにもカジュアルにも履ける万能な1足とされています。


ブローグ(穴飾り)の意匠が特徴とも言えるチャーチゆえに持っておきたい1足です。


大きめに施されているパーフォレーションが存在感を出しています。



『ディプロマット』

形:内羽式セミブローグ
色:ブラック
素材:カーフレザー
底材:レザーソール
木型:173
ウィズ:F
製法:グットイヤーウェルト

 

感想

 BRITISH MADE青山店で購入しました。


色については『エボニー』という濃い茶色もあったのですが、私はビジネスメインで考えていたので『ブラック』一択でした。


ジャケパンスタイルや、休日のカジュアルスタイルにもという方は『エボニー』もありですよね。


『ブラック』でも休日のカジュアルスタイルには全く問題ないので、2WAYで履いていきたいと思います。

サイズはUK6で、価格は89,640円(税込)


はじめてのセミブローグです。

f:id:nat_tora:20190211185921j:plain




上から

f:id:nat_tora:20190211185845j:plain

インソールには ロンドン パリ ミラン ニューヨーク に続きTOKYOの刻印

いわゆる5都市チャーチ

2014年東京表参道に直営店がオープンしたため、2014年以降のモデルに刻印されているようです。


サイド

f:id:nat_tora:20190211190103j:plain

ブローギングがエレガントでとにかくカッコイイです。


かかと

f:id:nat_tora:20190211190035j:plain



アウトソール

f:id:nat_tora:20190211190022j:plain

 

早速プレメンテしました。

f:id:nat_tora:20190211190327j:plain

 

 

左足が磨き後

f:id:nat_tora:20190211190255j:plain



リムーバーで古いクリームを落とし、デリケートクリームで水分補給


サフィールノワールのクレム1925ブラックを塗布しました。


数回履きましたが、とても履きやすく良い感じです。


「コンサル」を持っているからなのか、履いた瞬間から履き心地が抜群に感じました。


革が馴染み、ソールの返り、コルクの沈みによってさらなるフィット感が楽しみです。

サイズ感

革靴はサイズ選びがとても重要!


サイズといっても革靴のブランドや、木型(ラスト)、個体差によってもサイズ感はぜんぜん違うため、実際に店舗でフィッティング(試し履き)しましょう。


ちなみに私の足のサイズは日本サイズ24.8cmぐらいです。


お店によってはちゃんと足のサイズを測ってくれるので、一度ちゃんと自分の足のサイズを確認しましょう。


しかも本格派靴となれば1足7万円〜はするので、サイズ間違いは許されないですよね


前回チャーチの「コンサル」はUK6(日本サイズ24.5cm)でぴったりだったので、今回も同じ木型(ラスト)の「ディプロマット」はUK6(日本サイズ24.5cm)を選択しました。
 

www.nat-tora.com 
木型(ラスト)が同じなのでサイズ感は正解でした。


個体差によっても若干違いがある可能性もあるのでしょうか。心配なので一度は試し履きしましょう。

失敗したこと


ふと左足のメダリオンに目をやると。。。

f:id:nat_tora:20190224091619j:plain



ん?


なんか先のメダリオンが雑!というかもはや繋がっている!


右足はキレイです。比べると違いが明らかです。

f:id:nat_tora:20190224091810j:plain



失敗しました。


サイズ感ばかりに目がいってしまい、個体差まで見ることができませんでした。


もう履いてしまった後なので返品というわけにはいきませんね。


職人による手作りイギリスらしさと自分に言い聞かせて、自分なりの味のある1足にしていきたいと思います。


とはいえみなさんは革靴を購入する際は、サイズ感はもちろん個体差も見て確認してもらえれば良いと思います。

 

おわりに

はじめてのブローグ革靴。

そしてずっと欲しかったチャーチの「ディプロマット」

シンプルなストレートチップと比べて、ドレス感がまた違った雰囲気を出して良いです。

ビジネスはもちろん休日にも履いて楽しんでいきたいです。

次は「チェットウィンド」が欲しいですね。

できればラスト73の旧チャーチが見つかれば良いかなと考えています。